トップページ   施設概要  年間行事  情報の公開
 情報の公開
 事業報告 
 事業計画 
 第三者評価 
さくら福祉会の   ホームページへ
 
  R1年度 事業報告
項 目 実施報告
1.安心、安全な生活への支援 (1)基本的生活習慣確立への支援
(2)安心、安定した生活への支援
(3)安全な生活環境への対応
(4)借金、離婚、DV等法律問題解決のための支援
2.健全な子育てへの支援 (1)幼児、学童の子育て支援
(2)
学習指導、進路指導の充実
(3)園内行事の実施

(4)児童の権利擁護の推進
3.自立をめざした生活への支援 (1)自立支援計画の策定
(2)自立に向けた就労支援
(3)各種制度、福祉サービスの情報提供と利用支援
4.退所後の支援
(1)自立した生活の定着化支援
.地域交流と地域における公益的な
   取組み
(1)町内会との連携
(2)ショートステイ・トワイライトステイ事業の実施

(3)緊急一時保護事業の実施
(4)一時生活支援事業の実施
(5)学習支援事業の実施
(6)子ども食堂の運営 
(7)実習生受入れ 

(8)ボランティア受入れ 
6.人材の育成と職員間の
  コミュニケーションの充実
(1)キャリアパス制度の活用
(2)園内研修の実施
(3)職員交流
  R2年度 事業計画
基本理念  母子の最善の利益のために
園  訓  やさしく 正しく
方  針 ・母子が安心、安全に暮らしていけるよう支援する。
・母親の子育て相談に応じるとともに、子どもが健やかに育つよう支援する。
・母子が自立し、安定した生活ができるよう支援する。
・退所後のアフターケアを大切にする。
・地域とのつながりを大切にする。
 年度方針 ・キャリアパス制度を活用した職員の育成
・スーパービジョンの実施によるインケアの充実

・社会資源と連携した受入れ体制の強化
 【事業計画の内容】
  事業計画は、上記の基本理念や方針を踏まえ、次の項目を中心に取り組む。
 項 目 具体策   実施方法等
(1)安心、安全な
   生活への支援
@ 基本的生活習慣確立への支援






A 安心、安定した生活への支援









B 安全な生活環境への対応




C 借金、離婚、DV等法律問題解決の
  ための支援
D 特定妊婦への支援の充実

・家族間のコミュニケーションを密にする
 よう支援する。
・養育支援、清掃支援を実施して、健全な
 家庭作りを支援する。
・円滑な対人関係づくりを支援する。
・カットボランティアによる散髪を実施
 する。
・ICTを活用した相談支援を実施する。
・施設長、職員が連携して細やかな面談を
 実施し、相談対応を充実する。
・貯蓄を奨励し安定した生活が出来るよう
 支援する。
・心理士によるカウンセリングを実施する。
・行政、警察、警備保障会社等との連携を
 図る。
・嘱託医との連携を図る。
・母子のバースデイお祝いを実施する。
・安全への気配りの指導を行う。
・玄関入口の施錠を強化する。
・定期的な防犯訓練を実施する。
・関係機関との連絡調整を細やかに行う。
・法テラスを活用した支援を実施する。
・弁護士事務所との連携を図る。
・行政との連携を図る。
・社会資源を活用した支援を実施する。
(2)健全な子育て
   への支援
@ 幼児、学童の子育て支援


A 学習指導、進路指導の充実












B 園内行事の実施
C 児童の権利擁護の推進
・児童家庭支援センターコスモスと連携を
 図り心理検査を実施する。
・児童ヘのマナー教室を開催する。
・児童の成長過程を勘案した施設内保
 育、学童保育を充実させる。
・保育所、学校と連携し、情報の共有を
 図る。
・不登校児へのケアプランを作成する。
・学習室を活用し、中学生の試験週間の学習
 指導を実施する。
・学習室を活用し、幼児の就学前教育を実施
 する。
・長期休暇を利用し、小学生の基礎学力の
 向上を図る。
・中、高生の適性にそった進路選択を実施
 する。
・伝統文化、風習の体験を充実させる。
・定期的な性教育を実施する。
・子ども六法を活用し、権利や義務について
 定期的な勉強会を実施する。
 (3)自立をめざした
   生活への支援
@ 自立支援計画の策定






A 自立に向けた就労支援


B 各種制度、福祉サービスの情報
  提供と利用支援
・措置元との協議を行い、適切な措置期間の
 設定と支援方針を確立させる。
・本人主体による自立目標の明確化と
 具体的なケースワークを実施する。
・入所直後の個別面談を頻繁に実施する。
・能力、適性にそった就労、通学を奨励
 する。
・福祉事務所、ハローワーク、企業等
 との連携を図る。
・健全な自立の為の資格取得を奨励する。
・児童手当、保険、年金などの手続きを
 支援する。
・市役所、福祉事務所と連携し、情報提供を
 行う。
(4)退所後の支援 @ 自立した生活の定着化支援 ・児童家庭支援センターコスモスとの
 連携を強化する。
 (5)地域交流と地域に
  おける公益的な
  取組み
 
@ 町内会との連携


A ショートステイ・トワイライトス
  テイ事業の実施

B 緊急一時保護事業の実施

C 一時生活支援事業の実施
D 学習支援事業の実施



E 子ども食堂の運営

F 実習生受入
G ボランティア受入れ
・町内会行事へ参加する。
・施設行事へ招待する。
・ショートステイ・トワイライトステ
 イ利用を受入れる。
・DVシェルターとしての機能を充実
 させる。
・生活困窮世帯の一時利用を受入れる。
・梅原児童クラブ、梅原学習会による地域を
 含めた小中学生の学習支援と居場所づくり
 を行う。
・地域の子どもを含めた子ども食堂の充実を
 図る。
・実習生を積極的に受入れる。
・ボランティアを積極的に受入れる。
 (6)人材の育成と
   職員間のコミュニ
   ケーションの
   充実 
@ キャリアパス制度の活用




A 園内研修の実施

B
 職員交流
・キャリアアップを図るため担当職務と各種
 研修会への参加をリンクさせる。
・スーパービジョンの実施によりインケアを
 中心としたOJTを実施する。
・目標管理と自己啓発を充実する。
・ケースワークを中心とした職場内研修を
 実施する。
・昼食会の実施等によるコミュニケーショ
 ンの活発化を図る。
・法人内事業所間の交流を増やし、関係の
 強化
を図る。
 第三者評価の結果 
   
 このページのトップへ
   母子生活支援施設いもせハイツ