トップページ   施設概要  沿 革   年間行事  情報の公開  アクセス
 情報の公開
 事業報告 
 事業計画 
 第三者評価 
さくら福祉会の   ホームページへ
 
  R1年度 事業報告
項 目 実施報告
1.児童の安心、安全な生活
  の保障
(1)家庭的養護への取組み
(2)暴言・暴力の排除
(3)性教育の実施
(4)食育の充実

(5)交通教室の実施
2.児童と職員との愛着関系
  や信頼関係の形成
(1)児童への個別対応・面接の実施
(2)幼児養育の充実
(3)ケース担当職員によるバースデーおでかけの実施
(4)園内クラブ活動の活発化
(5)ホーム単位のおでかけや旅行の実施
3.在園中及び退園後の自立
  支援
(1)整理、整頓、挨拶などの基本的生活習慣の向上
(2)学力の向上
(3)退園児との交流
4.家族、行政、幼稚園、
    学校、地域との連携
(1)家族、行政、幼稚園、学校、地域との連携の充実
(2)短期里親の拡充
(3)地域との交流の充実
5.人材の育成と職員間のコ
  ミュニケーションの充実
(1)キャリアパス制度の充実
(2)ユニットリーダー及びグループケアリーダーの配置
(3)職員会議、ミーティングの充実 
(4)ケース担当制の実施 
 官公庁との連携  ・広島県西部こども家庭センターへの現況報告及び協議、調整
 ・広島市児童相談所との児童支援会議
 園内取り組み  ・職員会議 ・児童支援会議 ・給食運営会議 ・主任会議
 ・児童自治会・文化委員会 ・スポーツクラブ ・音楽クラブ 
 
  R2年度 事業計画
基本理念  子どもの最善の利益のために
園  訓  明るく 正しく
方  針 ・児童の安心・安全な生活を保障する。
・児童と職員との愛着関係や信頼関係を形成する。
・自立した社会生活に必要な基礎的な力を形成する。
・家族、行政、幼稚園、学校、地域との連携を図る。
・よりよい児童養育のための人材の育成と職員間のコミュニケーション
 を充実させる。
 年度方針 ・中高生の健全な自立支援と地域交流・貢献の積極的な取組み
 【事業計画の内容】
  事業計画は、上記の基本理念や方針を踏まえ、次の項目を中心に取り組む。
 項 目 具体策   実施方法等
(1)児童の安心、
   安全な生活の保障
@家庭的養護への取組み


A暴言・暴力の排除


B性教育の実施


C食育の充実





D交通教育の実施



E音楽療法の導入
・できるだけ家庭的な環境で養育することを目指
 し、児童が生活感と温かみを実感できるホーム
 運営とする。
・暴言・暴力の絶無に向けて、職員、児童に徹底
 する。
・他者の権利を守ることの大切さを教える。
・施設全体の取組み及びグループ指導・個別指導
 の充実により事故を未然に防止する。
・高年齢児童の性教育を実施する。
・調理実習及び調理職員と児童との食事を通じて
 食育の充実をはかる。
・児童の成長過程に適応したメニューづくりを行
 う。
・各ホームのキッチンスペースを活用し、
 ホームdeクッキングをより活発化させる。

・交通ルールを学ぶ勉強会を実施する。
・特に小学生の登下校の引率は可能な限り
 職員が行う。
・楽器の練習やカラオケ等音楽を通じて情緒の
 安定をはかる。
(2)児童と職員との
   愛着関係や信頼関係
   の形成
@児童への個別対応・面接の実施











A幼児養育の充実



Bケース担当職員によるバースデー
 おでかけの実施
C園内クラブ活動の活発化

Dホーム単位のおでかけや旅行の
 実施
・施設長、個別対応職員、心理士による児童面接
 を実施し、児童家庭支援センターコスモスとの
 連携や、必要に応じて外部のセラピーを利用する。
・西部こども家庭センターによる心理士研修を
 受講する。
・CSP(コモンセンス・ペアレンティング)の子
 育て支援プログラムを活用し、躾のスキルを向
 上させる。
・CARE(チャイルド-アダルト リレーション
 シップ エンハンスメント)の子どもとの
 絆を深めるプログラムを導入。
・幼児の発達過程の特性に配意した養育や、個別
 での就学前養育を行う。
・七五三のお祝いを行う。
・地域の保育所と連携する。
・1対1のおでかけにより、生育歴のふりかえり
 などを通じ職員・児童の信頼関係を深める。
・スポーツクラブ、音楽クラブにより、愛着関係
 を厚くする。
・ホーム内の絆を深め、児童間の信頼関係や協調
 性を養う。
(3)在園中及び退園後
   の自立支援
@整理、整頓、挨拶などの基本的
 生活習慣の向上


A学力の向上





B退園児との交流
・5S運動(整理、整頓、清潔、清掃、しつけ)
 を実施し、身辺自立、社会的自立への支援と
 衛生面の充実をはかる。
・地域の方や支援者等への挨拶を励行する。
・漢字検定、数学検定等資格取得を奨励し、基礎
 学力を向上させる。
・中学生を主な対象とした塾等を利用し、基礎
 学力を向上させる。
・小学生の学力向上のため、施設内で学習支援
 事業を行う。
・少なくとも退園後3年間は可能な限り施設長や
 担当職員との連絡や面接を実施し、退園児の自
 立を支援し、退園生が施設と交流しやすい環境
 を整備する。
・退園児との交流についてマニュアルを作成し、
 対応する。
(4)家族、行政、幼稚園
   学校、地域との連携
@家族、行政、幼稚園、学校、地域
 との連携の充実



A短期里親の拡充


B地域との交流の充実
・家庭支援専門相談員により、家庭訪問を実施す
 る。
・行政、幼稚園、学校、施設、保護者の四者連携
 により、児童の養育情報を共有化すると共に養
 護の充実をはかる。
・里親支援専門相談員を配置し、里親会及び行政
 との連携により、フォスタリング業務の一部を
 実施する。
・丸石地区行事へ参加するなど、地域との交流及
 び貢献(自主的な地域清掃)に積極的に取組む。
 (5)人材の育成と
   職員間のコミュニ
   ケーションの充実
@キャリアパス制度の活用




Aユニットリーダー及びグループ
 ケアリーダーの配置

B職員会議、ミーティングの充実 





Cケース担当制の実施 
・キャリアアップをはかるため、担当職務と各種
 研修会への参加をリンクさせる。
・スーパービジョンの実施によりOJTを充実
 する。
・目標管理と自己啓発を充実する。
・ユニットリーダー及びグループケアリーダーの
 配置による、ホーム運営の充実と報連相の徹底
 及び人材育成をはかる。
・児童養育情報の共有とOJTにより、養育能力
 を向上させる。
・ユニットリーダーやグループケアリーダーに
 よる職員面接・指導を実施し、スーパーバイ
 ザー機能を充実させる。
・担当児童の養育を充実させる。


 第三者評価の結果 
   
 このページのトップへ
  児童養護施設丸石こどもの家